2013年02月13日

松山寺下の家(60) −天井への断熱材吹き込み

天井裏に、断熱材を吹き込みます。

IMG_0909.jpg


IMG_0912.jpg


300ミリの高さ(次世代省エネ基準では200ミリ)になります。

これにより、夏の暑熱を防ぎ、冬の冷気を遮断し、とても涼しく暖かい室内環境が保障されます。

posted by ルフトハウス スタッフ at 00:00| 松山寺下の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。